英雄の一大叙事詩を書き続ける田中芳樹氏の昭和SF小説の隠れた名作「タイタニア」

小説家──田中芳樹氏。

代表作には大宇宙を題材にした銀河英雄伝説から、亡国の王子が真の王となる物語アルスラーン戦記などを手掛ける御大です。

そんな彼氏が1988年に手掛けた知られざる名作が存在します。

その名前は「タイタニア」と言う作品です。

舞台となる世界は人類が地球から広大な宇宙へと進出し、幾つもの星間国家が築かれた星暦となった遥か未来の時代。
宇宙の星々を統べるタイタニア一族の支配下にあった星暦446年。
宇宙都市国家エウリヤは、タイタニアとの権益問題により侵攻を許してしまうも、エウリヤはタイタニアの撃退に成功する。

この敗北を皮切りにタイタニアは覇権を喪失し、やがて星間同士の内紛が勃発。

たった一つの敗北がタイタニアの絶対支配を消失させてしまい、後の世に星同士が宇宙の覇権を争う「大空位時代(ザマーナ・マサフィン)」と呼ばれる、闘争の時代を迎える事に事となる……

……と、銀河英雄伝説とは違い、別の形で星同士で覇権を争い迎えた未来を、もう一つの形で表現したスペースオペラ作品であり、巨大なる力が敗退し、他国によって衰退していく様と、それに抗い戦い続ける人々のドラマが見事に描かれた一大叙事詩です。

この作品は1988年徳間書店のトクマ・ノベルズとして発行されました。

ちょうど1988年と言えば、バブル絶世期であり、また様々なアニメや小説に漫画を問わずにSF作品が発表されていく時代でもあります。

そんなSF開拓時代に第1巻が発行され、1991年までに第3巻まで発行されましたが、田中芳樹氏の多忙により執筆は一時中断となり、その間実に20年間の時間が流れました。

そして2013年の9月に4巻が発売され、2015年にようやく最終巻となる「凄風篇」が発売され、実に27年間の時を経て「タイタニア」の物語は完結したのです。

この実に27年に及ぶ間に、スクウェア・エニックス社から再刊され、2008年にはNHKアニメ作品の放送を切っ掛けに、講談社文庫から新装版が刊行されました。

また「タイタニア」のアニメ化を皮切りに「月刊少年シリウス」で連載がスタートしました。

2008年5月号から2011年12月号まで「タイタニア」の漫画版が連載され、数多くのメディアミックスを果たした「タイタニア」の快進撃は続き、漫画版が連載された年である2008年10月からは、アニメ作品である「TYTANIA -タイタニア-」が放映されました。

翌年の2009年3月までNHK-BS2で放送され、NHK総合テレビにて2009年4月から放送されたアニメ作品の「TYTANIA -タイタニア-」。

製作陣のスタッフも豪華で、監督は代表作に「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」と、同じ田中芳樹氏の作品である銀河英雄伝説を手掛けた石黒昇氏が起用され、「タイタニア」の世界観をシリーズ構成するのは、代表作に「さよなら絶望先生」のシリーズ構成を手掛けた実績を持つ、金巻兼一氏と、「ドラえもん のび太のワンニャン時空伝」などで脚本を手掛けた岸間信明氏が「タイタニア」の世界を演出し、キャラクター原案には「超時空世紀オーガス」で作画監督を担当し、「機動戦士ガンダム0080・ポケットの中の戦争」でキャラクターデザインを担当した美樹本晴彦氏がキャラクター原案を描き、「タイタニア」に独自の息吹を吹き込み、アニメ独特の世界観を見事に創り出しました。

そしてアニメで忘れてならないのが、オープニングテーマとエンディングテーマです。

オープニングのタイトルは、
「あの宇宙(そら)を、征け」
作詞・作曲は高取ヒデアキ氏
編曲は高木洋氏
歌は錦織健氏
曲の指揮は竹本泰蔵氏
演奏は神奈川フィルハーモニー管弦楽団と、豪華仕様となっています。
そしてエンディングテーマのタイトルは、
「LOST IN SPACE」
作詞・作曲はYOFFY氏
編曲は大石憲一郎氏
歌・演奏はサイキックラバーと、オープニングに負けず劣らない豪華仕様で、それぞれ「タイタニア」に登場するタイタニア五家族当主をオープニングにメインとして出し、エンディングには反タイタニア勢力を出すと、演出にもこだわりが入った仕上がりとなっており、放映された内容も実に全26話としっかりと作り込まれた内容で、話数も以下のようになっています。

第1話 ケルベロスの戦い
第2話 天の城(ウラニボルグ)の四公爵
第3話 英雄の条件
第4話 リラの決心
第5話 憧れと、誇りと なかの陽
第6話 シラクサ星域会戦
第7話 流星の旗のもとに
第8話 ふたつの出会い なかの陽
第9話 小さな風
第10話 エウリヤ崩壊
第11話 ヒューリックの決意
第12話エーメンタール潜入
第13話 終わりと始まり
第14話 リュテッヒの動乱
第15話 一粒の麦のごとく
第16話 反撃の烽火
第17話 高すぎた身代金
第18話 監獄衛星クロノス
第19話 ラドモーズ事件
第20話 クロノス強襲
第21話 エスタールの邂逅
第22話 野望のプレリュード
第23話 砂漠の鼠
第24話 オネストオールドマン
第25話 熱砂の激闘
第26話 終幕の鎮魂歌(レクイエム)

──と、実に内容の濃いタイトルが並び、小説に負けず劣らないアニメではありましたが、監督の石黒昇氏は「タイタニア」をもっと作り込みたかったと、その心情を語っていたらしいです。

石黒昇氏は原作小説である「タイタニア」が当時まだ未完のままでアニメ化する事に懐疑的であり、原作が完結を向かえていないのにアニメにするのは不本意であり、出来れば原作完結のしたのなら、改めて「タイタニア」をアニメ化したいと言っていましたが、本氏は2012年3月20日に死去され、73年の人生に幕を下ろし、その想いは実現できなかったとあります。

そんな様々な思いを残した作品となった「タイタニア」

アニメの声優陣も豪華で、「TYTANIA-タイタニア-」の登場人物で、反タイタニアの主人公的キャラクターである「ファン・ヒューリック」の声優を務めたのは、熱血の三枚目でも誰もが憧れるアニキ声として定評がある、代表作に「天元突破グレンラガン」のカミナ役で有名な小西克幸氏が担当し、一見いい加減にも見えるが、砲術に関しては天才的な才能を発揮する頼りがいのある英雄の一人で、不運ながらも宇宙の歴史に振り回されていく奇妙な英雄を演じています。

また敵対するタイタニアの主人公に位置しているキャラクター「ジュスラン・タイタニア」の声優には「ゾイド -ZOIDS-」の主人公「バン・フライハイト」の声を演じ、「弱虫ペダル」では「手嶋純太」の声を演じた、熱血少年からクールキャラなど様々な性格のキャラクターを演じる実力派の岸尾だいすけ氏が演じています。そんな彼が演じるタイタニア一族の宗家といえる五家族当主の一人である「ジュスラン・タイタニア」は、ヴァルダナ帝国公爵であり、軍では上将の地位にあり、政治・外交を担当しているもう一人の主人公として立ち位置にいるキャラクターです。
恵まれた生まれのせいか軍事実戦には経験不足であるも、並外れた知略と洞察力を持ち「政治のジュスラン」と呼ばれるほどの有能な人物で、またその恵まれた容姿からは「タイタニアの良識派」として知られ、動乱の時代を切り抜けていく「ファン・ヒューリック」とは対照的な人物像であり、「タイタニア」を語るには絶対に切り離せない二人を、豪華な声優二人が演じた事で、より完成された「タイタニア」となり、多くのファンを魅了した作品となっています。

スペースオペラと壮大な物語が多くの人にメディアミックスされ、小説から漫画、アニメへと移り変わっていた作品「タイタニア」

銀河英雄伝説とは違い、時代に翻弄されるも抗う人々の熱い物語を堪能したい方におススメな作品です。

銀行のカードローンについての考察

銀行カードローンでお金を借りる

一般的にカードローンには大きく分けて2通りのカードローンが存在しており、その一つが銀行がサービス展開を行っているカードローンとなります。銀行がサービス展開しているカードローンの特徴や消費者金融のカードローンとの違い、契約条件はどのようになっているのかを知ることで、銀行カードローンのメリットやデメリットも知ることが出来るでしょう。

 

銀行カードローンと消費者金融との違いは何か?

銀行の発行しているカードローンは、貸金業法下で営業を行っている消費者金融のカードローンと非常に良く似ており、その違いを理解している人もそれほど多くないと言えるのではないでしょうか。基本的には契約者にお金を貸すと言うことが基本ですので、その点においては全く違いはないと言えるでしょう。

しかしこの2つのカードローンには全く異なる部分が存在しており、それによって利用できる金額や利用できる条件なども大きく変わってくると言えます。銀行系カードローンと消費者金融のカードローンの最大の違いは、貸金業を行うための決まりである法律自体が違うと言うことが最大の違いだと言えます。

 

銀行カードローンは銀行法で運営されている

銀行カードローンの場合、消費者金融が営業を行うために利用している貸金業法ではなく、銀行独自の銀行法と呼ばれる法律で営業を行っています。これは銀行全てに当てはまることで、どの銀行でカードローンを利用しても必ず銀行法下での利用と言うことになるわけです。

銀行法の最大の特徴は、貸金業法にある総量規制と呼ばれる規制が全くないということです。これはもともと総量規制は貸金業を対象にした法律のため、貸金業に当てはまらない銀行は対象外となるためです。もちろん銀行には銀行法での厳しい決まりや法律がありますから、銀行が消費者金融をないがしろにした無理な営業を行えるわけではありませんが、利用者にとってはマイナス要素となることはほとんどありませんから、総量規制の面だけ見た場合には消費者金融よりも銀行のほうが利便性が高い場合もあると言えます。

 

総量規制が無いとどのようなメリットがあるのか?

銀行のカードローンには総量規制が無いと言いましたが、それによって発生するメリットとは何でしょうか。まず総量規制のことを説明する必要がありますが、貸金業法で規定されている総量規制では、年収の三分の一を超える貸し付けを禁止しています。これは利用者にどのような理由があろうとも関係なく適用されるため、利用者の消費者金融での利用限度額は大幅に抑えられることになります。

これは自分の収入を大幅に超える借り入れを行った場合に自己破産などに陥ることを防ぐ目的と、貸金業者が無理な貸し付けを行うのを禁止する目的があると言えます。そのため消費者金融では年収が300万円なら100万円までの借り入れしか出来ないと言うことになります。

しかし銀行の場合、もともと貸金業としてお金を貸しているわけではありませんし、銀行法と言う独自の法の元利用者に対し融資を行っているため、総量規制で定められている三分の一という壁は無いことになります。そのため理論的に言えば収入が無い人でも銀行のカードローンの利用がかのうになるということになります。

特に消費者金融の利用が大幅に制限されてしまった専業主婦でも、銀行のカードローンであれば自分名義で申し込みが出来ると言うことになるわけです。この点は消費者金融の利用が出来ない人が銀行カードローンへ流れ込むことになるため問題もあると言われて利る点ではありますが、銀行によっては収入の無い人への融資を禁止している場合もあるため、銀行によってその対応が全く違うことになっています。

ただ、総量規制が適用されないことで利便性は確実に高くなっていますから、悪いことばかりではなくメリットを感じる人の方が多いと言えるでしょう。

 

消費者金融と銀行の金利の違い

消費者金融と銀行のカードローンを比較した場合、最も違うのが金利の設定に関してです。基本的に消費者金融の場合は金利が高く利息の返済が大変と言ったイメージがあると言えますが、銀行の場合は消費者金融と比べた場合金利の設定が大幅に低く設定されていると言えます。

これは銀行のカードローンの審査にも関わる話なのですが、銀行の場合あえて金利を低く設定して利用者の負担を減らすようにしていると言えます。そのため同じ金額を借りるおであれば消費者金融よりも銀行のカードローンを利用した方が利息の返済も大幅に減らすことが出来ると言えます。

 

何故銀行の金利が低いのか?

同じようなカードローンなのに何故銀行のカードローンのほうが消費者金融よりも低いのかを疑問に思う人も少なくないと言えるでしょうが、これは銀行のカードローンの契約に大きな秘密があると言えます。

消費者金融の場合カードローンの利用者は多岐にわたりますし、不特定多数の人に広く浅くサービスを展開していると言えます。そのためどうしても利用者がどのような人でどういった経歴があるのかなどを詳しく調べることが出来ないまま、お金を貸し出すことが置くなると言えます。そうするとどうしても貸し出しに関するリスクも高くなるため、リスク回避のために金利を高く設定せざる負えないことになるわけです。逆に言えばそれが誰でも借りれて即日融資が可能になることにも繋がっているわけですから、消費者金融の利用に関してはそれを理解したうえで行う必要があると言えます。

しかし銀行のカードローンの場合は消費者金融のやり方とは真逆だと言え、申し込み者の審査をきちんと行いますし、一定の収入が無い場合は利用不可と言うことも珍しくありません。簡単に言えば消費者金融のように誰にでもお金を融資するというスタンスではなく、銀行側が認めた相手のみに対してお金を融資するというスタンスだと言えます。消費者金融が広く浅くなのに対し、銀行は狭く深くという形でカードローンサービスを行っているといえます。

そのため消費者金融のようなリスクも軽減できますし、それによって金利を下げて利用者に還元するということも可能になると言えます。ですから消費者金融よりも審査はかなり厳しく行われますし、地方銀行などは即日審査に対応していない場合も多いと言えます。

 

借入限度額の違いは?

消費者金融と銀行カードローンを比べた場合、借り入れが出来る限度額にも大きな違いが設けられています。これにも総量規制などが大きく関わってくるのですが、銀行の場合は総量規制が無いため、借り入れ限度額を大幅に高く設定することが可能となります。これが消費者金融の場合、いくら借入限度額を1000万円まで可能としていても、総量規制で年収の三分の一までに抑えられていしまいますから、1000万円借りる場合には年収が3000万円も必要になります。それはあまりにも現実的ではありませんので、ほとんどの消費者金融の場合は一般的な年収上限である900万円~1500万円を目安にして、借入限度額を300万円~500万円にしていると言えます。

しかし銀行の場合は三分の一を気にする必要がありませんし、銀行の判断で年収が500万円でも融資が可能と判断すれば1000万円の融資も可能となりますので、初めから融資額を高く設定していると言えます。もちろん銀行がダメだと判断すれば融資はおこなわれませんし、いきなり限度額まで借りれるわけではないのでその点は注意が必要でしょう。

 

銀行カードローンに申し込むための条件とは

銀行カードローンに申し込みを行うためには、消費者金融同様に基本となる条件が設定されています。これに関しては消費者金融とそれほど条件で大差はないと言えます。違いがあるとしたら利用できる年齢の上限が違うということくらいで、他の条件に関してはほぼ同等の条件だと言えます。

 

基本となる条件は?

銀行のカードローンを利用する場合に基本となる条件は、日本国内に居住していること、年齢が20歳以上であること(上限年齢は銀行ごとに異なります)、そして安定した収入が確保できることが最低条件となっています。この条件を見た場合、専業主婦の利用は出来ないのではと感じますが、専業主婦の利用に関しては銀行ごとに利用できる、出来ないが全く異なるため、消費者金融のようにどの金融業者でも利用が出来ないと言うわけではないことになります。そのため基本の条件にも銀行によって多少の違いがあり、申し込む前に必ず条件を確認する必要が出てきます。

 

ネット銀行と地方銀行で大きな違いが

申し込み条件で違いがあるのは特にネット銀行と地方銀行での差が大きいと言えます。地方銀行の場合、基本的には申し込みに際して収入証明書の提出が必須となっていたり、年収が200万円以下の場合は利用不可、銀行のある同一市内に居住している人のみ申し込み可能といったような条件を付けている場合も数多く見受けられます。これにより利用者を限定しカードローンを安定的にサービス継続させることができるようになっているわけです。

しかしネット銀行の場合は基本的に店舗を持たない銀行が多く、その利用者は全国にわたると言えます。そのため地方銀行のような厳しい取り決めを排除し、限りなく消費者金融に近い内容での契約が可能になっていると言えます。特に大手ネット銀行に関しては、金利が低いのに即日審査・即日融資に対応しているものや、100万円~300万円までは収入証明書の提出が不要という銀行カードローンも増えてきています。最近では三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行といった大手銀行ももの流れを取り入れてきているため、徐々に消費者金融の得意としていた部分に近づいていると言えます。

ただしネット銀行の場合は店舗が無いため問い合わせが面倒とか、すぐにカード発行が出来ない場合もあるため、メリットだけでなくデメリットもあるということも頭に入れておく必要があります。

 

銀行カードローンを契約できないケース

色々と利便性も高く使い勝手の良い銀行カードローンですが、消費者金融同様にカードローンの利用が出来ないというケースも存在しています。まず、現段階で銀行カードトーンの利用が複数ある場合や、そのカードローンの返済を遅延・延滞している場合には、信用情報機関にその情報が記載されるため、新たな銀行カードローンの利用は出来ないと言えます。総量規制が無いため年収の三分の一以上の借り入れが可能となっている場合でも、すでに消費者金融で多額の借り入れがある場合には、その状況を見て銀行の判断で利用不可になることも考えられます。

申し込みブラックと呼ばれるひと月に何社もカードローンを申し込んでいる場合も、銀行カードローンの契約が出来ない場合が多いといえます。申し込んだ情報に関しても信用情報機関に必ず記載され残りますので、それを不審に思われてしまえば当然カードローンの利用は出来なくなると言うわけです。

それと債務整理や自己破産などを行っている場合も同様で、その情報は信用情報機関に事故情報として5年~10年の間記録が残りますから、その間に銀行カードローンを申し込んでも審査は通過しないということになるでしょう。これは消費者金融の利用でもいえることですから、自分自身の状態をできるだけクリーンにしておかないと契約が出来ないと言うことになります。

 

選ぶべき銀行カードローンとは?

銀行カードローンを選択する場合には、自分のライフスタイルに合わせた銀行をチョイスする必要があると言えます。例えばメインバンクにしている銀行であれば、今までの取引があるためカードローンを申し込んだ場合に審査がスムーズに通過すると言うことも考えられますし、出来るだけ金利が低い銀行カードローンを使用したいのであれば初めからネット銀行などの新興銀行を利用するのも良い手段だと言えます。最近ではWEB完結と呼ばれるWEB上で契約が全て出来る銀行も増えていますし、それを利用した場合には面倒な書類の提出などもメールなどで済ますことも可能になります。
出金に関してもコンビニATMの利用が可能なものやそうでないものもありますのでそれらも選択肢に入れる必要があるのではないでしょうか。

このように銀行カードローンと言ってもその使い方によって様々なカードローンの選択が可能となりますので、どれくらい借りたいのか、何処で使用したいのか、何故銀行カードローンを使用したいのかなどをしっかり考えたうえで利用する銀行をチョイスすると良いでしょう。